まあ、私はネスプレッソを買ってからは、殆どスターバックスには行かなくなってしまったので...

米コーヒーチェーン大手スターバックスの新ロゴマークが議論を呼んでいるようですね。

この旧ロゴがスターバックスの躍進を生んだと言っても過言ではないと言えるほど、できの良いロゴだったと思いますので、その改訂はなかなか困難なのでしょうね。

ヒットした車のモデルチェンジが難しいのと同じでしょうか。

まあ、私はネスプレッソを買ってからは、殆どスターバックスには行かなくなってしまったので、ロゴに関してはあまり興味もないのですが。

それほど、ネスプレッソで煎れたエスプレッソは美味しいです。

因みに、私は最近ボリュートにこっています。個性的なフレイバーは最高です。

ネスプレッソを買ってから、スタバにいかなくなってしまいました...

ネスプレッソを買ってから、スタバにいかなくなってしまいました...

これってどうなんでしょね〜。

もちろん、友達とあったりするときは、未だにスタバとかタリーズを使ったりしますが。

単にコーヒーを飲むためにスタバに入ると言うことはなくなりましたね〜。

そういえば、ここ4,5年は、住まいにお金をかけて、居心地の良いお部屋をつくることができたみたいです。

ソファー、TV,オーディオ、テーブル、ワインセラー、そして最近ネスプレッソをそろえてみると...もう外のお店に負けない...というか圧勝です。

正直言って、スタバのソファ席より家のソファの方が上を行っていると思いますし、家なら好きな音楽を聴きながらエスプレッソを飲むことが出来るし。

それに、ネスプレッソのクレマならスタバに全然負けませんから。

なんか、私だけではなく日本全体が「家で楽しむ時間が増えている」という傾向にあるみたいですね。

まあ、日本がアジア文化から欧米文化に移行しつつあるのかもしれませんね。

バレンタインデーやお友達のおもてなしに、手作りの生チョコは大人気です。

バレンタインデーに、手作りの生チョコをプレゼントしたり、お友達のおもてなしに、手作りの生チョコを出したりすると喜ばれるんですよ。友達には「えー、どうやって作るの〜?」なんていってくれることも多いです。抹茶の生チョコなんていうのも自分で作れちゃうらしいですから、驚きです。でも、実は生チョコって、結構簡単に出来るんですよね。生チョコ作り方は、インターネットを見るといろんなサイトにのってます。因みに私が参考にしたのは、「生チョコの作り方教えます」と言うサイトです。とても簡単にまとめてあって、わかりやすいです。他のサイトでと、ごちゃごちゃ書きすぎで、分かりにくいんですよね。このサイトだと、A4一枚に印刷できますから、それを見ながら生チョコ作りができて、すごく便利です。内容が豊富すぎると、2枚以上になってめくりながら作ることになって、とても面倒ですからね。

それから、生チョコ作りの材料で、「クーベルチュールチョコレート」
と言う、調理用のチョコが出てきます。これって、どこにでも売っているわけではないので、通販で買うのが便利です。クーベルチュールの通販サイトもたくさんありますが、私は、ABC Cooking MARKET
と言うサイトを利用していますので、ご参考にしてください。

ネスプレッソクラブから「チョコレートキャンペーンのご案内」が来まして...

ネスプレッソを買ったときに揃えたカプセルコーヒーがそろそろ底をついて来ました。

そろそろ買いに行こうかな〜と思っていたら、ネスプレッソクラブから「チョコレートキャンペーンのご案内」と言う葉書が来て、カプセルコーヒを15本買ったらチョコレートを一箱プレゼントしてくれるとのこと...。

実は

このチョコレート

美味しいんです

すごく。

明日あたり、この葉書につられてカプセルコーヒを15本ほど買いに行きそうです。

ネスプレッソさん、ビジネスのツボを良くご存知です。

もしネスプレッソが作動しない時は?

ネスプレッソのエスプレッソ抽出ボタンを押してもエスプレッソが出てこないトラブルーその2です。

前回の原因はタコ足配線でしたが、実は今日はタコ足配線をしていないのに、ネスプレッソが出てこないと言うトラブルが起こりました。

で、思い切ってレバーを起こして、コーヒー豆カプセルを下に落として、カプセルをチェックしてみたんです。

そしたら、カプセルのシルバーのフタに穴が開いていないんです。底側には、3箇所穴が開いているのですけどね。

「う〜ん、これはきっとレバーを閉める時の力が足りないのね。」と、勝手に考えました。

で、このコーヒー豆カプセルをもう一度セットして、コンドはちょっと力を入れてレバーをガッチ!と下ろしてあげたのです。

そしたら...

あ!

出てきました、私の好きなヴォリュートが!

というわけで、もしネスプレッソが作動しない時は、このレバーの降ろし方をチェックされることをお奨めします!

やっぱり、ネスプレッソにタコ足配線はダメみたいです。

ネスプレッソのあるお部屋での出来事です...

いつものように、ネスプレッソの電源スイッチをONにして、ライトの点滅が終るのを待ってました。

そして、「さあ、今日はローマを戴こう。」とダークなガンメタカラーのローマのカプセルをネスプレッソ入れて、レバーをクローズ。

おもむろに、左側のエスプレッソのボタンを押した私...でも...

エスプレッソが出てこないのです...

何回押してもダメ。

音はするんですよ、あのちょっと大きくてうるさいと言われる音が。

で、電源コードを見ると

今日はタコ足配線になっています。 空気清浄機とです。

でも、こんなもので影響があるのかしらん?

で、空気清浄機のプラグをはずしたら

おおっ! 出てきました、ローマのエスプレッソが!

やっぱり、ネスプレッソにタコ足配線はダメみたいです。

先日購入した期間限定のコーヒー豆カプセルが「スペシャルクラブ」です。

ネスプレッソのコーヒー豆カプセルって、定番品としては12種類あるのですが、これ以外に期間限定というか季節限定みいたいな感じのコーヒーカプセルが販売されます。

先日購入した期間限定のコーヒー豆カプセルが「スペシャルクラブ」です。

カプセル色はネスプレッソのアルペジオにちょっと似た、ロイヤルブルーで、かなり目立ちます。

肝心の味の方は、コクがあってすごく美味しいです。私的にはベストです。

期間限定ではなくて、ぜひ定番にしてほしい感じがします。

ぜひ、お試し下さい。

ネスプレッソ(エスプレッソコーヒーメーカー)のコーヒー豆のカプセルからアルペジオを選びましょうか。

今日(祭日の月曜日)、ネスプレッソに電話をしてみたのですが、「受付は土日祝日を除く月曜日から金曜日までの午前9時から午後6時までです。」との録音応答でした。

私たちユーザとしては、むしろ土日祝日に電話する機会が多いと思うのですが、どうでしょうか。

でも、このあたりは、ネスプレッソの故郷である欧州と日本の文化の違いかもしれませんね。

なにしろ、日曜日はお店を閉めてしまうのが欧州文化ですから。

まあ、ネスプレッソを楽しむにはこんな呑気な対応にもイライラしない心構えが良いのでしょうね。

と言う訳で、今日はネスプレッソのcからアルペジオを選びましょうか。

アルペジオは、味わいの強さ9、極深煎りのカプセルですか。

ワインで言うなら、かなりのフルボディというところでしょうか。

ところで、この「アルペジオ」というイタリア語: Arpeggioは、ごぞんじのとおり、和音の構成音を一音ずつ順番に弾いてゆくという意味ですね。

また、ギター用語のアルペジオは、コード音をひとつひとつ弾いていくことを意味します。

ネスプレッソのカプセルからアルペジオを選んで、エスプレッソの余韻を楽しみながら、ギターに手を伸ばしてみましょうか...
 

ネスプレッソのコールセンタに電話をしてみたら...

先日、ネスプレッソによる「エスプレッソの抽出量の調整」は、とても簡単で、抽出開始ボタンを推したらそのまま押し続けるだけでOKと書きました。

確かにその通りで間違いないのですが、押し続ける時間は3秒以上となっているので、念の為に付け加えます。

3秒ですと、大体15ccくらいの量になると思います。

何もしないで、買ってきた状態のネスプレッソでは40ccのエスプレッソが出来ますのが、この40ccと言う量は、それころ2,3口で飲めてしまう量です。 ですから、15ccで十分と言う方はいないと思いますけどね。

ところで、今お昼前にネスプレッソのコールセンタに電話を試みたのですが、3回かけていずれも「ただいま混み合っていますので、後ほどおかけ直し下さい。」とのアナウンスが流れて、その後一方的に電話が切れてしまいました。

「〜少々お待ち下さい。」の方が、親切だと思いますが如何でしょうか? 電話を切るか、待つかの選択は我々ユーザのものだと思います。

ネスプレッソさんに対して、善処してもらうよう御願いしようと思います。

御願いして結果は、またアップしますので、お楽しみに。

ネスプレッソの抽出量の調整方法

ネスプレッソの抽出量の調整方法のお話です。

ネスプレッソを使い始めのころは、とにかくワクワクしながら、エスプレッソを作っていたのですが、最近はだいぶ慣れてきました。 

こうなると、「うーん、ちょっと多めにしたいな〜」と思うわけです。

そこで、必要なのが「抽出量の調整」。

この「抽出量の調整」は、とても簡単で、抽出開始ボタンを推したらそのまま押し続けるだけでOKです。

そのまま推し続けるのが大切です。 途中からだと上手く機能しませんからね。

さて、忘れがちなのが、もとの抽出量に戻す方法です。

この方法は、「一度スイッチを切って、ユーロピアンの抽出開始ボタンを押しながらスイッチを入れる。」

これでOKです。

知ってると簡単ですが、しばらくすると忘れるかもしれませんね。

お忘れの時は、このブログをご覧戴ければと思います。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。